【薬剤師必見】おすすめの副業ベスト5!在宅ワークできる仕事も紹介

実際に使用した商品をレビューしています。アフィリエイト広告リンクを含みます。

薬剤師におすすめの副業5選紹介!在宅ワークできるものも紹介します
  • 副業ってどうやってはじめるの?
  • 薬剤師におすすめの副業を知りたい
  • 副業ってどのくらい稼げる?

もう少し収入が欲しいと考えている薬剤師にとって副業は最適な選択です!

ただ、どんな副業があるのかどうやって副業をはじめたらいいのか分らない方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、私が実践している薬剤師におすすめの副業副業する際の注意点について解説します。

この記事を書いた人
  • 病院×調剤薬局のダブルワーク実践中
  • 副業WEBライター2年目
  • 月10万円の副業収入を達成

在宅ワークできる副業も紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください!

目次

そもそも・・・。薬剤師って副業してもいいの?

副業をはじめる前に、副業が許されているかどうか法的規制を確認しておきましょう。

具体的には、以下のパターンが副業NGとされる薬剤師です。

法的に副業が禁止されているのは管理薬剤師と公務員薬剤師

このほか、本業が忙しい・時間に余裕のない薬剤師も副業はおすすめしません。

副業NG①:管理薬剤師

調剤薬局の管理薬剤師は以下に示す法律によって、副業が禁止されています。

第七条(薬局の管理)
薬局の管理者(第一項の規定により薬局を実地に管理する薬局開設者を含む。次条第一項及び第三項において同じ。)は、その薬局以外の場所で業として薬局の管理その他薬事に関する実務に従事する者であつてはならない。ただし、その薬局の所在地の都道府県知事の許可を受けたときは、この限りでない。

出典:医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律|e-Gov法令検索
コタロ

ですが、『ただし』とあるように、管理薬剤師ができる副業もあるんです!

詳しくは、おすすめの副業紹介で解説していきます。

副業NG②:公務員薬剤師

公務員薬剤師も以下の法律によって、副業は原則禁止とされています。

第百三条(私企業からの隔離)

職員は、商業、工業又は金融業その他営利を目的とする私企業(以下営利企業という。)を営むことを目的とする会社その他の団体の役員、顧問若しくは評議員の職を兼ね、又は自ら営利企業を営んではならない。

出典:国家公務員法|e-Gov法令検索

第三十八条(営利企業への従事等の制限)

職員は、任命権者の許可を受けなければ、商業、工業又は金融業その他営利を目的とする私企業(以下この項及び次条第一項において「営利企業」という。)を営むことを目的とする会社その他の団体の役員その他人事委員会規則(人事委員会を置かない地方公共団体においては、地方公共団体の規則)で定める地位を兼ね、若しくは自ら営利企業を営み、又は報酬を得ていかなる事業若しくは事務にも従事してはならない。ただし、非常勤職員(短時間勤務の職を占める職員及び第二十二条の二第一項第二号に掲げる職員を除く。)については、この限りでない。

出典:地方公務員法|e-Gov法令検索
公務員薬剤師として働いていたけれど、副業をしている薬剤師はいませんでした。

副業を認めるケースもあるかもしれませんが、正直なところ、公務員薬剤師が副業をするのはかなりハードルが高いといえるでしょう。

副業NG③:本業が忙しい・時間に余裕のない薬剤師

本業が忙しく、時間に余裕のない方には、副業はおすすめできません。

副業をすすめない3つの理由

時間の余裕はいま以上に減ってしまう
本業に支障をきたすリスクが高い
・体調を崩してしまう可能性も

副業は自身の休日スキマ時間を活用して稼ぐ方法です。

余裕のない状況で副業をはじめたとしても、どちらも中途半端になってしまいます。

薬剤師におすすめの副業5選

副業をはじめるなら、薬剤師の専門性を活かせるものがおすすめです!

ここでは、特におすすめの副業を5つ厳選しました。

これらの副業は、薬剤師免許を最大限に活かせる選択肢ですよ!

学校薬剤師

学校薬剤師は薬剤師限定の最強副業です。

年に数回の仕事だけで、年間10万円以上の副収入が得られるようになります。

  • 年間収入は15万円~
  • 管理薬剤師でも副業OK(許可制)
  • 薬剤師全員におすすめ

勤務時間内でも作業が許されるケースがおおいため、ママさん薬剤師でも取りかかりやすいでしょう。

学校薬剤師の仕事・はじめ方を詳しく知りたい方にはこちらの記事が参考になるでしょう。

休日夜間薬局のアルバイト

地域で運営する休日夜間薬局でのアルバイトも薬剤師におすすめの副業になります。

予定のない休日や夜間帯の時間を有効活用できるのが特徴です。

  • 時給単価は約2,000円~
  • 管理薬剤師でも副業OK(許可制)
  • 時間や体力に余裕のある方におすすめ

休日夜間薬局でのアルバイトについて詳しく知りたい方は、こちらの記事が参考になるでしょう。

病院×薬局のダブルワーク

病院×薬局のダブルワークも副業の選択肢に入るでしょう。

コタロ

週5日は病院へ行き、週1日は薬局で勤務していました!

  • 時給単価は2,000円~
  • さまざまなスキルが習得できるチャンス大
  • 体力に自信のある方におすすめ

ダブルワークは専門スキルを向上させると同時に、副収入を得るには有効な手段となり得ます。

私が実践していたダブルワークを詳しく紹介した記事もありますので、こちらの記事を参考にしてください。

WEBライター

WEBライターは、スキマ時間を最大限に活かせるおすすめ副業のひとつです。

特に、医療系WEBライターは薬剤師の資格が活かせるため、初心者でも取り組みやすいジャンルになります。

  • 文字単価の目安は1文字0.6円~
  • 在宅ワークOK
  • コツコツ取り組める人・時間を守れる人におすすめ

応募するメディアによりますが、初心者は実績づくりが何よりも大切です。

WEBライターのはじめ方について、詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

ブログ

ブログはWEBライターとの相性バツグンな副業になります。

稼ぐまでのハードルはかなり高いですが、収入は青天井なところが魅力のひとつでしょう。

  • パソコンorスマホさえあれば誰でもできる
  • 在宅ワークも可能
  • 稼ぐまでの難易度は最大

アフィリエイト収入は、公務員薬剤師の副業禁止に抵触するため推奨しません。

ブログのはじめ方について詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

副業初心者にとって、未知の領域に挑戦するのは抵抗があったり、高いハードルに感じたりするものです。

ここでは、求人の探し方・バレない方法など、副業をはじめる際のポイントなどをお伝えします。

求人探しは薬剤師会への問い合わせがベスト

学校薬剤師や休日夜間薬局の求人は、市場に出回らないのが一般的です。

そのため、薬剤師会へ求人に空きがないか確認するのが効果的でしょう。

また、同僚や友人の中に学校薬剤師・休日夜間薬局で働いている人がいたら紹介してもらうのもおすすめです。

管理薬剤師ができる数少ない副業ですから、確認してみてください!

ダブルワーク求人を探すなら転職サイトを利用しよう

ダブルワーク求人も市場には出にくいため、自力で探し出すのは骨が折れる作業です。

こちらの記事で詳しく紹介していますが、転職サイトを利用すれば、効率よくダブルワーク求人を探してくれます。

実際に利用したのはファーマキャリアです。

  • オーダーメイド求人が最大の特徴
  • 希望にあわせて求人をカスタマイズしてくれる

ファーマキャリアについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

在宅ワーク副業は効率化がカギ

WEBライターやブログは在宅ワークできるのが魅力の副業になります。

初心者は作業時間を確保することが大切なので、生活リズムも含めた効率化がポイントになります。

  • 少しだけ早起きして作業する
  • 休憩時間を活用・残業はしない
  • 機械ができるところは自分でやらない

副業WEBライター・ブロガーにとって、作業時間の確保が最も難しい課題ですが、睡眠時間を削るような無茶は避けるようにしてくださいね。

確定申告は自分で行うこと

「副業バレたくない」と思うなら、確定申告は自分でやりましょう。

副業がバレてしまう理由はこちらの記事で詳しく書きましたが、住民税が原因です。

確定申告を自分で行うことで、住民税を自分で支払えるようになるため、バレる可能性はほとんどなくなります。

  • e-TAXを活用して自宅で確定申告を実施
  • 『従たる給与は自分で納付』

自分で話してしまったら、バレてしまうので副業に関連する話は他言無用ですよ!

ひとつずつ副業に挑戦してみよう!

今回は、薬剤師におすすめの副業を5つ紹介しました!

この記事のポイント!
  • 副業が法的に禁止されている薬剤師がいる
  • 学校薬剤師は管理薬剤師でも許される副業
  • 求人の探し方やバレない方法

「よし。とにかく全部やってみよう」と焦らずに、ひとつひとつ試してみるのがおすすめです。

コタロ

ストレスにならないよう注意してくださいね。

ライフワークバランスを意識しつつ、あなたにあった副業を見つけてください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

20代で離婚を経験したバツイチ薬剤師。
人生を変える転職を経験。
コンプレックスと向き合うための情報を発信します。

目次