【副業に最適】休日夜間薬局の求人はどこにある?仕事内容や給料も解説

実際に使用した商品をレビューしています。アフィリエイト広告リンクを含みます。

【副業に最適】休日夜間薬局の求人はどこにある?仕事内容や給料について詳しく解説!
  • 休日夜間薬局ってどこで募集してる?
  • 管理薬剤師でも許されるのか知りたい!
  • 平日夜や休日だけバイトできるって本当?

薬局の給料のほかに収入が欲しい方にとって、休日夜間薬局のアルバイトは最適な副業です!

ただし、求人は市場に出回らないため、自力で探さなければなりません。

そこで今回は、休日夜間薬局の求人情報や、休日夜間薬局での仕事内容アルバイトの時給などについて紹介します。

この記事を書いた人
  • 薬剤師の資格を活かした副業実践中
  • 病院×調剤薬局のダブルワーク
  • 月5万円の副収入達成
目次

休日夜間薬局の求人は市場に出回らない

休日夜間薬局の求人は、一般的な求人市場に出回ることはありません。

では、どのようにして見つけるのか、2つの方法を紹介します。

薬剤師会に問い合わせがマスト

休日夜間薬局は市区町村の薬剤師会で運営しているのが一般的です。

そのため、薬剤師会へ加入するのが前提条件になります。

コタロ

その上で、休日夜間薬局の求人やシフトに空きがないか問い合わせてみましょう!

  • 市町村の薬剤師会へ入会
  • 休日夜間薬局の求人に空きがないか確認

この方法で、休日夜間薬局に関連する情報のほとんどが手に入るでしょう。

同僚や先輩に相談してみる

知人からの紹介制でアルバイト募集をしているケースも考えられます。

そのため、地域の薬剤師会に登録しても情報が手に入らなかったら、同僚や先輩に聞いてみるのもよいでしょう。

コタロ

とはいえ、薬剤師会への問い合わせで求人情報は手に入るはずです。

もし、情報が手に入らない場合は休日夜間薬局自体が存在しないエリアかもしれません。

そのような場合、学校薬剤師の副業もおすすめです。

学校薬剤師について知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

そもそも休日夜間薬局って?薬局の役割や仕事内容・勤務形態を紹介

ここでは、休日夜間薬局の医療における位置づけや仕事内容・勤務形態について解説します。

これらの業務を理解することで、夜間や休日勤務の具体的なイメージが湧くでしょう。

休日夜間薬局は一次救急の一部を担う

休日夜間薬局は一次救急の一部を担っています。

一次救急とは

症状・緊急性ともに軽度な患者に対応する救急医療のこと。

一次救急・二次救急・三次救急とは

上の図は、救急医療のイメージ図です。

休日夜間薬局は、休日夜間診療所に併設されるのが一般的で比較的軽症な患者さんの薬を調剤しています。

投薬と電話対応が主な業務

業務内容は通常の調剤薬局とほとんど同じです。

  • 調剤・鑑査業務
  • 投薬・服薬指導
  • 電話対応など

まれに、クリニックの一包化などの処方せんを持ち込んでくる患者さんもいますが、大半は休日夜間診療所の処方せんです。

そのため、処方日数は短く処方内容も軽いため、高度な知識は必要ではありません。

一般的な調剤薬局で働けていれば、問題なく仕事はこなせるでしょう。

アルバイト勤務のシフト制が基本的

休日夜間薬局は一般的に、地域の薬剤師がアルバイトで働くことで成り立っています。

そのため、個々の都合に合わせて勤務希望日を申請し、シフト調整するのが通常です。

  • 管理薬剤師もアルバイトOK(要申請)
  • 平日は20:00~、日祝は9:00~3交代制
  • シフト制で地域の薬剤師が出勤している

地域の調剤薬局が営業時間外となる平日の夜日曜・祝日の日勤帯~夜勤帯が営業時間です。

また、管理薬剤師でも申請すれば、休日夜間薬局でのアルバイトは可能になります。

時給2000円以上!休日夜間薬局の給与事情

休日夜間薬局でのアルバイトは、一般的な調剤薬局での パート勤務と遜色ない時給で働けます。

実際の実例をもとに、具体的な給与範囲や条件について詳しく見ていきましょう。

時給は2,000~3,000円台

休日夜間薬局でアルバイトする場合、時給2,000~3,000円台が相場となっています。

ちなみに、令和5年賃金構造基本統計調査によると、薬剤師のパートタイムの平均時給額は2,845円でした。

この金額を考慮しても、遜色ない高額時給であるのが分かるでしょう。

平日の夜や、暇な休日にフルタイムで働くのもお得な副業です。

時間外労働分は割増賃金に

一般的な薬局で全く問題ないと思われていた勤務時間でも、休日夜間の場合は時間外労働として扱われます。

そのため、定額給与ではなく時給制のケースが多く、時間外分は割増賃金として支払われます。

具体例を挙げると、以下のようになります。

  • 勤務時間が18時から23時まで(5時間)
  • 18時~22時まで: 通常時給2,000円
  • 22時~23時まで: 時給2,500円(残業割増25%の時給)

つまり、定時内労働分と残業分で時給が変わってくるため、収入が非常に良くなる可能性があります。

ただし、夜遅くまでの勤務が続くと体への負担は大きくなります。副業と本業のキャリアプランとの兼ね合いを見極める必要があるでしょう。

年末年始は特に高時給

特に年末年始の時期は、一般の薬局も含めて人手不足から高額な時給設定となっています。

年末年始に休日夜間勤務できれば、かなりの高額収入が望めるのです。

  • 平常時の2倍~3倍の高時給が設定される例も
  • 日給1万円を上回るケースも珍しくない

学生アルバイトなどでも、夜勤1日で1万円を超える日給を得られる可能性があります。

ただし勤務環境は過酷で、体力的にもかなりの負荷がかかります。高収入を得るには、それなりの代償が伴うことも事実です。

{ペルソナ}の皆さま、休日夜間勤務での高収入は非常に魅力的ですが、健康面にも注意が必要です。収入面と体力的なバランスをうまく取れる働き方を見つけることが何より大切でしょう。

休日夜間薬局はスキマ時間のバイトに最適!

この記事では、休日や夜間で働ける薬局のアルバイト求人についてまとめました。

この記事のポイント!

  • 求人は非公開が多い
  • 問い合わせで掘り起こしが必要
  • 給与は高時給が魅力

休日夜間薬局の求人は、求人サイトなどで公開されていることがほとんどありません。そのため、求人の掘り起こしが必要不可欠で、薬剤師会や既存の薬局への直接問い合わせが有効な手段となります。

仕事内容は調剤や服薬指導が中心で、勤務形態はシフト制のアルバイトが一般的です。時給は薬剤師で2000円前後から3000円程度と高額で、残業代の割増賃金もあります。

特に年末年始は時給がアップするケースも多く、空いた時間を有効活用できて高収入が期待できるのが魅力的ですね。学生や主婦の方など、日中は時間がある方にピッタリかもしれません。

求人情報が非公開なため探し方が難しいですが、粘り強く情報収集していけば、きっと自分にマッチした休日夜間薬局を見つけられるはずです。ぜひチャレンジしてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

20代で離婚を経験したバツイチ薬剤師。
人生を変える転職を経験。
コンプレックスと向き合うための情報を発信します。

目次